虫歯治療について②|品川、高輪台の歯医者|保科歯科医院|矯正歯科、噛み合わせ

〒108-0074
東京都港区高輪3-7-8 西町ビル3階A
03-5422-7322
WEB予約
ヘッダー画像

ブログ

虫歯治療について②|品川、高輪台の歯医者|保科歯科医院|矯正歯科、噛み合わせ

虫歯治療について②

こんにちは!

統一地方選挙の真っただ中ですね。私は昨日、期日前投票に行ってきました!

 

さて本日は前回の続きになります。

深い虫歯特に神経まで虫歯が進行してしまっているときの治療についてです。

多くの歯科医師は神経まで虫歯が進行していると「この歯の神経はもう残せませんねー!」と言って神経を取ってしまいます。これを「抜髄」と呼びます。

抜髄は歯を殺すのと一緒です。一度神経を抜かれた歯はもう生き返りません。イメージとしてはミイラを製造するようなことです。

当然ミイラですので水分は失われ脆くなり割れやすくなります。

神経を取っていいことは何もないのです!

歯科医師は皆そのことは知っていますが、神経を残す方法を知らないのです。

 

保科歯科医院では生きている歯は神経を生かしたまま治療するすなわち神経を守る治療を行います。

たとえ虫歯が深くても神経を残すことをあきらめません!

具体的はどんな治療法なのか。。

次回のブログで解説したいと思います。

保科岳史