こだわりの根管治療について⑤|品川、高輪台の歯医者|保科歯科医院|矯正歯科、噛み合わせ

〒108-0074
東京都港区高輪3-7-8 西町ビル3階A
03-5422-7322
WEB予約
ヘッダー画像

ブログ

こだわりの根管治療について⑤|品川、高輪台の歯医者|保科歯科医院|矯正歯科、噛み合わせ

こだわりの根管治療について⑤

こんにちは。

7月7日(金)です!七夕ですね。短冊に書いた願い事が叶うといいですね。今でも小学校などでは行事としてやっているんでかね。

現実では毎日猛暑が続いていますが皆様熱中症には気を付けてください。

今日はマイクロスコープについての続きを書きたいと思います。私がマイクロスコープを使い始めたのは約9年前です。慣れない歯内療法に悪戦苦闘しているときでした。ミクロサイズで見えない歯の中の神経の部屋を治療するのですから上手く治療出来ているのか。。いやむしろ失敗しているのではないかと不安に思いながら治療をすすめている時期でした。歯科医師になって最初にぶつかった壁でした。

大げさですが藁をもすがる思いで新設したライカ社製のマイクロスコープを歯内療法に使いだしたのを覚えています。しかしマイクロスコープを使うには練習と慣れが必要でした。まずピントを合わせるのに一苦労ですしそれに伴い一回の診療時間は延びるし手は自分の言うことを聞かないし。。このままではまずいと思い勤務先の理事長の勧めで千駄ヶ谷の歯科医院にマイクロスコープ診療の見学に行かせてもらいました。2年以上も!

話はそれますが千駄ヶ谷の歯科医院は開業当初から保険診療は一切行わず完全自費診療です。自費診療のみというのは常に上質な診療を提供するという心意気の現れのような気がします。保険全盛期の時代としてはかなり珍しかったと思います。私はその心意気にも感銘を受けました。私が歯内療法を自費診療で行うのも見学に通っていた千駄ヶ谷の院長の影響です。

私には臨床家としての師匠がもう一人います。さらにその師匠の先輩弟子が数名いてその先輩方からも多大な影響を受けています。いずれブログに書きたいと思います。

話を戻します。マイクロスコープを使い始めて私の歯内療法を劇的に進化しました!なんせ根管内が見えるのですから。自信を持って確信を持って治療が出来るようになったいきました。

次回は現在保科歯科で使用しているマイクロスコープについて話たいと思います。

ではまた!