こだわりの根管治療について②|品川、高輪台の歯医者|保科歯科医院|矯正歯科、噛み合わせ

〒108-0074
東京都港区高輪3-7-8 西町ビル3階A
03-5422-7322
WEB予約
ヘッダー画像

ブログ

こだわりの根管治療について②|品川、高輪台の歯医者|保科歯科医院|矯正歯科、噛み合わせ

こだわりの根管治療について②

こんにちは!

今日(6/2)はすごい雨ですね。。一日中土砂降りです。

梅雨の時期なのでしかたないのですがカラッと晴れた青空の方が気分もいいですよね!

さて今日は前回の続きで根管治療について書きたいと思います。

どんなときに根管治療が必要になるのか?これについて述べていきます。

簡単に言うと神経が死んでしまった歯は根管治療が必要になります!

逆に言うと虫歯が深くても神経がしっかり生きている歯は根管治療をする必要はありません。ここが重要です!

神経が生きているのならば生かしたまま治療すべきですね。

残念ながら神経が完全に死んでしまうと生き返ることはありません。。歯の中で腐敗していってしまいます。そうなると根管治療が必要となるわけです。

次回は保科歯科医院で行うヒトアジ違う根管治療はどんなものか書きたいと思います。

ではまた!